どんな機能が使えるの?決済代行のシステムを調べてみよう

クレジットカード会社と直接契約する必要がない

決済代行はクレジットカード決済などを導入しやすくしてくれるサービスですが、クレジットカード会社と直接契約する必要がないというのもメリットになります。現在は様々なインターネットショップでクレジットカード決済に対応してるケースが多いですが、実際クレジットカード会社と直接契約していることは稀です。理由は様々ですが、まずクレジットカード会社との契約は決して簡単ではありません。様々な条件が必要になりますし、決済手段として導入するまでに膨大なコストもかかります。決済代行会社と契約することで、直接契約するよりも簡単な条件で契約することができます。実績がないという理由でクレジットカード会社と契約できないといった場合も、決済代行なら契約できるかもしれません。

決済代行を利用することでコストを抑えられる

決済代行会社との契約は様々なメリットがありますが、最終的にコストを抑えることに繋がることが多いです。クレジットカード会社との契約が難しい理由として、セキュリティに関する問題が第一に挙げられます。クレジットカードは利用者の個人情報と資産の多くを管理しているわけですから、ネットショップ側のセキュリティが甘いせいで好き勝手に情報を盗まれるようなことは絶対にあってはなりません。だからといって情報漏洩を防ぐためのセキュリティを整えようとすると、多額なコストを費やしてしまうのです。決済代行会社であればそのようなセキュリティシステムも全て決済代行会社が整えてくれているので、多額なコストを費やさず月々1,2万円ほどまで抑えることができます。