何を頼めるの?決済代行とはどんなサービスなのか

決済代行サービスの概要

携帯電話やパソコンの普及に伴い、ネット上で気軽に買い物ができるネットショッピングの需要が増加傾向にある中で、急成長を遂げているのが決済代行サービスです。とはいえ、ネットショッピングの利用で耳にする機会も多いこのサービスの内容について詳しく知らない人も少なくありません。決済代行サービスとは文字通り、買い物の精算におけるクレジットカードやコンビ二払いなどの決済を一括システムで代わりに行う方法です。こうしたシステムが広まり始めたのは支払い方法の管理が理由としてあります。クレジットカードやコンビニ決済はそれぞれの会社ごとに入金日が異なるため、お店側はその都度入金の管理を行う必要がありました。しかし、このサービスを利用することで支払い方法に関係なく全て同日に入金することができるので、時間や手間を短縮することができるのが特徴です。

代行サービスが行ってくれる主な内容

決済代行サービスが行ってくれる内容は主に契約、保守、運用の3種類になります。オンラインショッピングで利用できる支払い方法はいくつかありますが、会社によって契約に関する内容が異なるため、それぞれの企業ごとに契約を交わさなくてはいけません。一方、このサービスはお店と支払い会社の間に入って契約を代行してくれるので一元化することができます。また、ネットを通して取引をする場合、欠かすことのできないものとして挙げられるのがシステムの保守や運用です。自社でシステムの保守を行うとなれば多額の初期投資が必要で、導入以降も障害など安全面に配慮して運用をしていくための費用が掛かってしまうのは避けられません。しかし、決済代行サービスを利用すれば予め構築されているシステムを使えるだけでなく、運用も任せることができるのでコストダウンが図れます。