コストはどのくらいかかる?決済代行サービスの料金相場とは

決済代行サービスの導入にはどのくらいかかる?

決済代行サービス導入の初期費用の相場は1万円~5万円ほどと言われています。その費用は主に決済ページをリンク設定しシステム化するための費用であり、再度発生することはありません。しかし、毎月顧客管理やシステム管理などにコストがかかるため、月額費用が発生します。月額の相場は数千円~1万円であることが多いです。また、決済ごとに加算される費用もあり、1件数十円ほどで5~10%の負担となります。その他にも与信料という費用もかかります。与信料とはユーザーが決済するときにそのカードの与信額を確認するときの手数料で、相場は1件15万円~25万円ほどとされています。これらの料金は金額や取引回数によって個別に対応するケースも多いため、会社に確認することが大切です。

サービスのクレジット手数料はどのくらいかかる?

クレジットカード会社にもよりますが、手数料の相場は4~7%ほどと言われています。この手数料を支払えばシステム管理や決済処理を請け負ってくれるため、どこでも簡単に支払いができます。また、クレジット会社はクライアントと代行会社の間に入るためトラブルが起こりにくく、スムーズな決済が可能であると言えます。このように、クレジット会社は決済システム管理や仲介など多くの作業を請け負っています。その点を考慮すれば5%の手数料は決して高くないと言えるかもしれません。代行決済サービスはそれなりに費用はかかりますが、通信機器をよく利用する現代人に欠かせないサービスです。様々な会社がありますが費用もサービスも異なるため、利用前にきちんと比較・確認することをおすすめします。